美しさとは?


美しい字とは

 

私が書道と出会ったのは幼稚園の頃でした。

習うきっかけになったのは「仲の良い友達が習っている」だから行きたい!

途轍もなくシンプルな入り口でした。

 

基礎が出来るまで、お手本の字をひたすら書き続けました。

そう、ひたすら……

 

ある時、お手本のような美しい字は本当に美しいのか?

(勿論整われていて美しいです)笑

 

私の想う美しさとはなにか?

基本をしっかり身につけた上で字に「真心」を込めること。

 

そうそうそうなんですよ!!!!!

これこれーーーーーー!

 

「真心」と言うと目に見えないじゃん?そしたら誰でも上手な字が書けるんじゃない?

 

そうなんです。目に見えないものこそ大切なんです。

 

そして誰でも、年齢問わず美しい字が書けるようになるんです。

 

生徒さんの変化

 

今年の2月から書道を始められた生徒さんについて。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・始められた初の書道

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

・1ヶ月半後の書道

 

(ご本人の許可を頂戴しています)

元からバランスのとれた整った字を持たれていましたが、

字に動きができ、パソコンのフォントでは表現出来ない字に変化!!!!

 

今では朝起きると歯を磨く前に、まずは書道!!!!!!!

習慣化されているようです。

本当に教えがいがあり、私が嬉しい限りです\(^o^)/

 

ワンポイントアドバイス

 

人間の身体の
汚れ(物質的・心情的)をそのままにしておくと
身体の循環が悪くなりもろくなるのと同様、

「筆も根元」までしっかり墨を落として乾かすことでより耐久性に優れ、パフォーマンスがぐんと上がります!

一見すると無関係のように見えますがダイレクトに繋がっているもんですよね。

 

最後に

性別、性格、十人十色のように

字も人それぞれ異なります。

違って当然で、全て美しい!

より「自分の字」に美しさを。

 

 

 


プロフィール

末次由佳

大阪を拠点に活動する書道家 末次由佳です。書の作品のご依頼が可能です。

詳しいプロフィール

カテゴリー