阪急電車で・・・


阪急電車で?

 

 

この前母と阪急電車に乗っていると・・・

 

 

母:「向かいのホームの男の人の左手見てみて〜」

 

 

私:「左手・・・・・・・?」

 

 

母:「ほらほら指先で何か丸めてるでしょう?」

 

 

 

二人「あ・・・・・・・・・・・・・・・・・」

 

 

私:「うわ!!!またしまった・・・w」

 

 

 

 

※しばらく笑いの神さまが降臨中です(笑)

 

 

 

左手で丸めている正体は、鼻く⚪️・・・・・・・だったんです。

(一応、そを書かずに⚪️にしておきます、あ・・いうてもうてる)笑

 

 

ここまではまあまあよくあること?だと思っていたんですけど、

 

 

 

まさかまさかまさか、その一端取り出した鼻く⚪️を再度鼻の中にしまい込むとは!!!!!!!!!!!

 

 

 

いやあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

爆笑と同時に母の観察力に私は感心していましたけどね。

 

 

(笑)

 

 

 

「小学校の頃によく消しゴムのカスをぐるぐるまとめてネリケシにしてたやん?」

その容量と同じで、また増やす為にしまい込んだんかな?と。

 

 

 

なんにしても日頃の《《癖》》ってやっぱり出ちゃうもんなんですよね。

 

 

前回の記事の(寄り添う)にも書きましたが、《意識→無意識》 習慣化してあげると

何気ない1日がガラッと変わるのかもしれないですよね。

 

 

 

士魂商才

 

T株式会社様よりご依頼頂き製作しました。

 

士魂商才(日本人の武士の魂と商いの秀才を兼ね備える)という意味です。

 

IMG_0858

 

 

社長はこの言葉を胸に留めながら日々精進されているようです。

(社長も私も体に力入っていますね・・・・・・・笑)

 

 

 

 

 

来年80周年を迎えられるパーティにもこの作品がお供するようで・・・・・・・

 

 

作品を手がけ送り出すときは、いつも「いってらっしゃい!」と作品に声かけるんです。

すると「ありがとう、いってきます!」と聞こえてきそうな感じがいつもしますね。

 

 

 

 

最後に

 

・聞こえない

・見えない

 

 

 

世のほとんどのものはそんな世界でいつの間にか物が溢れすぎて

 

 

 

不感症になっているのかもしれませんよね。

 

 

必要な物・ことのみで《《生きる》》ところに焦点をあて続けると、

 

 

 

 

不感症から解放されるのかも・・・・・・・・

 

 

 


プロフィール

末次由佳

大阪を拠点に活動する書道家 末次由佳です。書の作品のご依頼が可能です。

詳しいプロフィール

カテゴリー