生きる美しさ


 

 

やっと、ロンドンに出展する作品が終わりひと段落していたら

またもやブログの更新が一ヶ月くらいあいてしまった、、、、

(これほんまに悪いくせなんです。)笑

 

 

向き合う

 

 

 

《習字》読んで字の如く字を習う

《書道》書の道を感じる

 

 

 

 

《習字》→《書道》に変わったことで私の作風は好転しました。

そしてこの2ヶ月間で《我》→《自》にシフトした状態になっていることに

気づいたのです。

 

 

 

 

 

きっかけというかなんというか、作品を創り上げる過程で

 

どうしても《《《自分》》》と向き合うことになるんです。

 

 

・「自分と向き合うというと・・?」

・「そんなん毎日鏡みて自分をみるとか?」

 

 

 

てなりますよね。

 

 

勿論、鏡で自分自身の表情や顔付きの変化を見たり、親しい人に自分の

長所や短所を聞くのも向き合うきっかけになると思います。

 

 

 

私が感じたことですが、

 

 

 

 

 

①自分を知る。

②自分に問う。

③自分を愛す。

 

 

 

 

 

ごくごくシンプルです、ただただこれの繰り返しで・・・・・

 

 

 

 

 

 

結果、私は書道を通して感じることができましたが、

日々生きている瞬間、モノ造りをしている瞬間、いろんな場面で発見、ヒントを

もらえると思います。

 

 

 

 

面白いですよね。

複雑化より、シンプルなところにヒントが転がってるって。

(まあーーーなんでもそうか)

 

 

 

 

 

 

神道

 

最近私がドンピシャに感じた面白い本です。

 

img_1584

 

 

 

 

 

(神道)のこころー葉室頼昭さんの本です。

 

 

医者を辞め宮司を務め、何点か本を出してはります。

 

 

なにが面白いかって、、、、、、

 

 

「「心」」とはなんぞやを知れる&感じれます。

 

 

 

気になった方は是非覗いてみて下さいね。(書店にはあまり置いてる所が少ない様です)

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

https://www.amazon.co.jp/葉室-頼昭/e/B004LR1638

 

 

最後に・・・・

 

 

 

 

今から美味しいモノと美味しいお酒を飲みにだけ

 

 

鹿児島に行ってきます(笑)

 

 


プロフィール

末次由佳

大阪を拠点に活動する書道家 末次由佳です。書の作品のご依頼が可能です。

詳しいプロフィール

カテゴリー